• about

    「喫茶 さんとこ」は、

    明治、大正、昭和のはじめにかけて製糸業で栄えた

    長野県岡谷市の築90年余の製糸家の住宅です。

    みなさまのお越しをお待ちしております。

  • menu

     

     

     

    珈 琲 ¥500〜

    お 茶 ¥600〜

    ソフトドリンク ¥550〜

    ケ ー キ  ¥430

    カレーピラフセット ¥1000

    さんとこ焼きセット ¥980

    さんとこサンドセット ¥980

     

  • exhibition

    (ギャラリーのみのご利用はできませんのでご了承ください)

    exhibition schedule

    2018.11.18-12/31 常田泰由(版画)…終了しました

    2019.4.20-6.18  詫間のり子(写真)…終了しました

    2019.7.15-9.16  池奈千江(絵画)…開催中

    2019.9.23-11.25 矢島与萌(陶芸)

    2020.12. -2.   椎野美佐子(ガラス)

    2020.4. -6.   宮原あゆみ(イラスト)

    <now>

    SANTOKO Gallery No.3

     

    池 奈千江  う た と 香

    Nachie Ike

     

    2019.7.15 -

    2019.9.16  *9/20まで延長します

    ‘3月中旬の霧ケ峰高原はまだ一面雪で、そこは明るくて何も見えませんでした。’
    (池 奈千江)

     

    柔らかな色彩で描き出される 人物、形、景色…。

    淡くも確かな絵の光に包まれる、夏の眩しいひとときをお過ごしください。

     

    //////////////

     

    池 奈千江 NACHIE IKE

     

    1977  愛知県生まれ
    2003  愛知県立芸術大学 大学院 美術研究科 油画専攻 修了

     

    個展
    2000  canolfan (名古屋)
    2005  日興コーディアルウインドーギャラリー (名古屋)
    2006  TAIGA (名古屋)
    2011  See-Saw (名古屋)
    2013  ART LAB AICHI(名古屋)
    2018  Art Space & Cafe Barrack (愛知)

     

     他 グループ展多数

     

    <next>

    SANTOKO Gallery No.4 *1st anniversary exhibition

     

    矢島与萌  シグナル

    Tomoe Yajima   signal

     

    2019.9.23 -

    2019.11.24 (11/24 16:00 close)

     

     

    ‘絵を描くように、やきものを制作しています。
    やきものを作ることは、これから先1万年も変わらないであろう物質に、今を刻む行為です。
    絵を描くことは、変化していく思考を伝える形だと思っています。’ (矢島与萌)

     

    矢島与萌の世界観が、やきもので描かれ出現します。 ぜひお楽しみください。

     

     

    矢島与萌Tumblr
     
    インスタグラム
     
     

    矢島 与萌 (Tomoe Yajima)

     

    長野県生まれ。八ヶ岳をのぞむ縄文遺跡と諏訪大社のあるまちで育つ。岐阜県多治見市在住。

     

    2011年 愛知県立芸術大学 大学院 美術研究科 美術専攻 油画・版画領域 修了

    2012年 愛知県立芸術大学 美術研究科 美術専攻 研修生 修了

    2019年 岐阜県立多治見工業高等学校 専攻科(陶磁科学芸術科) 卒業

     

    個展

    2013年 今日のたき火/YEBISU ART LAB(愛知)

    2015年 二〇〇九―二〇一五の物語 今日のたき火をここへおこして辺りを見渡せたら、ふしぎな石のある村とつながっている道が見つかる。/アミューズミュージアム(東京)

    他 グループ展多数

    <past>

    SANTOKO Gallery No.2

     

    詫間のり子  書簡

    Noriko Takuma

     

    2019.4.20 - 6.18  *closed on Wed.+more

    <終了しました>

    「そこにいることで、見えることと見えないこと」

    「きりとられていく風景は、わたしのものでわたしのものではない」

    (詫間のり子)

     

     写真家 詫間のり子(1985年大阪生まれ、現在北海道札幌市在住)の展覧会を開催いたします。

     長野では4月中旬から桜が咲き、会場のある岡谷市では5月初〜中旬にかけて鶴峯公園のツツジが見頃となります。春の芽吹きを感じられる季節の開催となります。季節が変わり窓からの景色が変わるように、日々変化していく展示となります。

     

    ある景色の写真。その一枚、一瞬、一目。

     

    ぜひご高覧ください。

     

    ///////////

    詫間のり子web

    https://trynome.com/artist/noriko-takuma

    <past>

    petit collection

    2019.1.1 - 4.16

    <終了しました>

     

    常設&プチコレクション展

     

    木村彩子(ドローイング)

    椎野美佐子(ガラス・ドローイング)

    詫間のり子(写真)

    田中周三(書)

    東条香澄(版画)

    常田康由(版画)

    百合草尚子(ドローイング)

    矢島与萌(陶芸)

    <past>

    SANTOKO Gallery No.1

     

    常田泰由  小枝をあつめて  

    Yasuyoshi Tokida Pick up Twigs

     

    2018.11.18-12/31 (12/31 16:00 close) *closed on Wed.+more

    <終了しました>

     

    喫 茶 さんとこ では、オープンを記念して、「常田泰由 / 小枝をあつめて」を開催いたします。 さまざまなものの形が常田さんのまなざしと手に見出され、木版と紙とインクによる輝き を持って空間に現れます。木版画とドローイングの佇まいをぜひお近くでご覧ください。 しんしんと寒い冬のひとときを作品とともにお過ごしいただけたらと思います。

     

    常田泰由HP

    http://www.yasuyoshitokida.com

  • event

    <現在企画中のイベントはありません>

    さんとこ寄席

    <終了しました。お集まり下さり誠にありがとうございました>

     

    落語家の「六代目 三遊亭圓雀」さんをお呼びして、さんとこ寄席を開催しました。

     

     

    平成31年3月27日 水曜日 ※事前予約制

    *午前の部 (開場11:10) 11:40-12:40
    *午後の部 (開場15:00) 15:30-16:30

    おひとり2000円(コーヒー付き)〈定員各 20名〉

  • location

    〒394-0028 長野県岡谷市本町4丁目13-2     

     

    <電車>JR中央線「岡谷駅」下車、徒歩 約13分

    <お車>「岡谷I.C」より 約8分

    ※ファミリーレストラン「さんれ〜く」様の駐車場横の道路をまっすぐ奥(東)に進んでいただくと、突き当たりにございます。

     初めてですとわかりにくい場所かと思います。もともと民家のため、ご容赦ください。             

    □駐車場について

    店の敷地内に4台、第2駐車場2台ございます。第2駐車場(上記地図をご確認ください)から店までは徒歩1分です。

    なるべくお乗り合わせにご協力ください。1グループ様で2〜3台以上になられる場合は第二駐車場もご利用ください。

     

    <ご注意ください>当店までの道は狭いので、カーブミラーをご確認の上、

    行き違いのお車、歩行者様にお気をつけて徐行してください。

     

  • SNS

  • others

    岡谷の歴史、周辺の観光 etc.

     

    岡谷市は、長野県のほぼ中央 諏訪湖の西側に位置しています。

    明治のはじめ〜戦後にかけて製糸業の中心地として栄え、

    製糸生産高が国内の4分の1にもなった時は、全国から集まった工女さんが岡谷の人口の半分を占め

    「街を歩けば工女に当たる」と言われたほどでした。

    その後、精密機械工業が盛んになり「東洋のスイス」と呼ばれるようになりました。

    「岡谷のイメージは?」と訊くと「職人の街」という答えが返って来ます。

     

    諏訪方面へ観光にお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

    Museum

    ・イルフ童画館(武井武雄)

     

    ・岡谷美術考古館

     

    ・市立岡谷蚕糸博物館

     

    ・旧山一林組製糸事務所・守衛所

     

    ・旧林家住宅

     

    ・鶴峯公園

     

    ・小さな絵本美術館

     

     etc.

    Nature

    ・4月中旬-下旬

     八重桜 /横塚間川沿い、

     ソメイヨシノ /横河川下流

     

    ・5月初旬〜中旬

      ツツジ /鶴峯公園

     

    ・6月中旬

     レンゲツツジ /高ボッチ山

           /霧ヶ峰高原

     

    ・7月下旬

     あじさい /小坂公園

     

    ・7月上旬-8月上旬

     ニッコウキスゲ /霧ヶ峰高原

     

    ・8月中旬-9月下旬

     ススキ /霧ヶ峰高原

     

    ・10月下旬-11月上旬

     もみじ /出早公園

              

    etc.

    Events

    ・5月上旬-中旬

     岡谷市つつじ祭り

     

    ・6月

     辰野町ほたる祭り

     

    ・8月第一日曜日

     草競馬大会/高ボッチ高原

     

    ・8月13日、14日

     岡谷太鼓祭り

     

    ・8月15日

     諏訪湖花火大会

     

    ・8月16日

     岡谷灯籠祭り

     

    ・平成三十四壬寅年

     御柱祭

     

     etc.